this twilight garden

mintcark.exblog.jp
ブログトップ

ジェフリー・アーチャー

ジェフリー・アーチャーの『誇りと復讐 上下 A Prisoner of Birth』読了。

読み出したら、とまらない、極上のエンターテインメント作。
ベースは「モンテ・クリスト伯」と気づいても、それが読むスピードを押さえる訳でもない。

著者のジェフリー・アーチャーは、決して善き人ではない。

英語でいうと、まさに正真正銘の bastard でしょう。
お友達にはなりたくない、側にいるとかなーりうざいと思われる人物。

しかし、このバースタードは、いったんタイプライター(いや、PCなのか)の前に座ると、まるで熟練したシェフが食材を選ぶように言葉を選び、美味しい物語をサーブしてくれる。

そのさじ加減に感服。
書き込める場所もあえてさらりと流す。

はい、とっても美味しゅうございました、ごちそうさまでした。
大丈夫、胸焼けもしてません。
このままちゃんとベッドで眠れます。(ってちょっと侮蔑してますかね)

You make me laugh, very, very much indeed.
However, you can not change anything about me.
Not at all.
Sorry, darling.

a0121170_2328301.jpg

[PR]
# by mintcarK | 2009-07-09 23:28 | | Comments(0)

ビッグ・ダルチニアン

いしいひさいちの秘密、発見!

って、本人が内緒にしているかどうかは不明ですが
彼は相当なボクシングファンとみた。

昨日の朝日新聞の朝刊に掲載された『ののちゃん』の最期のコマに
「ダルチニアンKO集」なる書き文字が。。。

ダルチニアン…アルメニア出身で現在はオーストラリアで活躍する
よほどの好き者しか知らないボクサーです。


a0121170_21583237.jpg

[PR]
# by mintcarK | 2009-07-08 21:58 | ボクシング | Comments(0)

my wish @ 七夕 night

ウイグルもチベットも

独立させてやれよぉ

とねがう

七夕のよる


写真は、イリヤのケージに侵入したギネス。
♂のエゴを感じる。
a0121170_2282564.jpg

[PR]
# by mintcarK | 2009-07-07 22:09 | 日々のあれこれ | Comments(2)

夏に失うもの

ずばり、食欲です。

ビールに枝豆、もしくは冷や奴で充分。
たまーに、ざるそばとか、おそうめん。

独り身ならそれでもOKでしょうが、そうでない場合
自分の食欲はなくても、夕食の用意をしなくてはいけない。

そんな時は、パスタ。
麺喰いなモノで。。。

炒めたニンニクが香り始めたら、少し前向きに料理に向かえる。
あと、グラスに冷えた白ワインをそそいで、それをちびちびやりながら。
すっかり、キッチンドランカーなこの頃。

写真は、昨夜作ったキャベツとソーセージのペペロンチーノ。

キャベツだけでもいいんだけど、夫が肉食系なので。
食べたあとに『おいしかったぁ〜』と言われたので、作った甲斐はあったかな。


a0121170_22401764.jpg

[PR]
# by mintcarK | 2009-07-06 22:40 | フード | Comments(0)

報道写真

東京都写真美術館(通称:都写美)に二つの写真展を見に行った。

一つは『プレスカメラマンストーリー』
1930年代〜1970年前半に朝日新聞社の写真部に在籍した方達の作品を展示。

特に心を打たれたのは、報道とは別の影山光洋さんの「芋っ子ヨッチャンの一生」からの作品。
これは家族写真なんだけど、僅か五歳で亡くなってしまうご子息の記録でもある。
館内には家族アルバムが展示してあり、そこに縦書きの自筆で撮影時の事がしたためてあった。

一枚ずつ見て行くうちに、この子の人生は短いものだったのだと気づく。
小さな棺におさめられたヨッチャンの写真があり、記憶なのか記録なのか。。。
とカチカチ頭で考えてしまう。アラーキーが初めてではないのだな、と思ったり。

二つめは『世界報道写真展』
ちょっと肩すかしな印象を持つ。
なんだろ、身体を動かして撮ってないものが多くて。

特にTVに映し出された北京オリンピックを撮った写真家の作品は、その志の低さにあぜんとする。
ワン・アイデアだけの、やっつけ仕事というと言い過ぎだろうか。

スポーツ写真の中に、一つだけアートだなぁ〜、と感じる作品があった。
確かフランス人の作品。

(私が思う)報道写真は、あっ!という一瞬を切り取るもの。
問答無用で、見る者を圧倒する一枚。
ただその場にいて、シャッターを押しただけでは、単なる傍観者。
表現とは言えない。

と、唐突ですが、もうすぐ七夕なんですね。
願いごとはなににするかな。。。





a0121170_23124475.jpg

[PR]
# by mintcarK | 2009-07-05 23:13 | 写真 | Comments(0)

イランの映画

先ほどまでリビングで『ハーフェズ ペルシャの詩 Hafez』を見ていた。

イランって不思議。
同じイスラムでもマイノリティのシーア派が多くて
アレキサンダーの末裔が住む国と認識しているけど。

映画はポエティックで、淡々としていて、美しい。
(でも、密告社会な面もしっかと描かれている。)
特に目を奪われたのが、女性が着ている服。
色とりどりの美しい生地を身にまとっていて、素敵です。
そのあたりもサウジの黒一色とは、また違っていて。。。

イスラム圏はトルコにしか行ったことがない。
興味はあるけど、かなーり奥が深そうなので、映像で触れているのが一番かな。

マイケル・ジャクソンの死で、一気にイランの選挙の記事がなくなったけど
不正はなく公正だったと思います。一部都市部に住む人たちが騒いだだけで、
農村に住む人たちの支持を受けているのが、現政権だと感じるのです。
行ったこともない私が言うのもなんですが、決して敵視されるような国ではない、
と、そんな気がします。

写真はイリヤ嬢のお水入れ。イリと同じグレーのねこのイラストです。



a0121170_22515242.jpg

[PR]
# by mintcarK | 2009-07-04 22:52 | 映画 | Comments(0)

夏バテ

早くも夏バテ、なのだろうか。。。
今週は一度しか、ジムに行ってない。

8月は休会しようかと、本気で拳闘、いや検討中。

ギネスはいつもお元気。


a0121170_231223100.jpg

[PR]
# by mintcarK | 2009-07-03 23:12 | 日々のあれこれ | Comments(0)

イケメン・カタログ

そういえば、私が10月に出す写真集には、『イケメン・カタログ』という側面もあったなぁ〜、と
今夜、観戦&撮影で行った後楽園ホールで合った現役ボクサー生田選手と、すでに引退した馬場君のツーショットを撮って思い出した。

もちろん、このお二人も入ります。
女性の方、must買いですよ(笑)





a0121170_22491175.jpg

[PR]
# by mintcarK | 2009-07-02 22:49 | 写真 | Comments(2)

セールの季節

明日は、友人の服飾デザイナー川崎由起子さんのブランド『コキュ』のアトリエセールに友人数名と伺います。http://www.kokyu.jp/index.html

彼女が作る服を着るようになって、かれこれ10数年。
素材がいいから、着ていても気持ちがいい。
しかもセールでは40〜70%OFFで買えてしまうから、こんなお得な事はない。

明日どんなお洋服にあえるか、いまから楽しみです。


写真は昨年の夏にゲットしたタンクトップ。
苦手な夏も可愛い服が着れるとなると、ちょっとはポジティブに受け入れられます。ホントちょっとだけだけど(笑)
a0121170_231849.jpg

[PR]
# by mintcarK | 2009-07-01 23:18 | 日々のあれこれ | Comments(0)

チェット・ベイカー

先日、録画しておいた映画『迷子の警察音楽隊』をみたら、チェット・ベイカーのことが出て来た。

ジャズは嫌いなのに、なぜか彼のアルバムは1枚だけ持っている。
しかも、映画で取りあげられていた「my funny valentine」が入っている『Sings Again』。
とてもシラフでは聴けないけど、いいアルバムです。

映画の方も、とてもハートウォーミングな秀作。
エジプトの警察音楽隊が演奏旅行でイスラエルを訪れるのですが、間違えて田舎町に行ってしまい、そこのローカルの人たちとの短くも長い1日の交流を描いたお話です。

写真は、ひっくり返るプリンス・ギネス(笑)

a0121170_22441028.jpg

[PR]
# by mintcarK | 2009-06-30 22:44 | 音楽 | Comments(0)