this twilight garden

mintcark.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:本( 86 )

青い手の海老

『台湾ぐるぐる』k.m.p.著、読了。
a0121170_17552370.jpg

いやはや、すごい情報量。
1ヶ月かけて台湾を一周した旅行記。
文字よりはイラストと写真が多いかも。

ガイドブックではないので
彼女たちの旅模様をたどる感じだけど
十分楽しめた。

自分には自分の台湾があるのだろうな〜
と、思いつつ。

この本にも1カットあった青い手を持つえび達。
a0121170_17543630.jpg

撮っちゃうよねー、やっぱり
と思った次第。
[PR]
by mintcarK | 2017-03-26 17:54 | | Comments(0)

モリスのユートピア

ウイリアム・モリスの『ユートピアだより』読了。

まだ解説は読み終わっていないけど
モリスが描くファンタジーロンドンへと脳内旅行をした気分。

この本は夜寝る前に1章、2章と読んでいたのだけど
不思議と寝付きと寝起きが良かった。

いわゆるひとつの幸福な読書体験…だったのだな。
a0121170_18135752.jpg

頂き物の桃の花。

キッチンで目を楽しませてくれている。
[PR]
by mintcarK | 2017-03-09 18:14 | | Comments(0)

プチプチ断捨離

新年早々読了したのは、ジェフリー・アーチャーの『機は熟せり』(上下)。
いや、面白かった。とても。

その後、去年から引きずっていた村上春樹の『職業としての小説家』読了。
こちらも表現ということの勉強になった。

で、何となく本を片付けたくなり、1階の本棚をプチプチ断捨離。
手放してもいいかな、と思うものを売りに出す予定。
a0121170_1748447.jpg

1月の空は、どこまでも青い…
[PR]
by mintcarK | 2017-01-24 17:48 | | Comments(0)

2016年ベストワンだった本

本日、去年読んだ本の記録をまとめた。

いやぁ、読了数は減っていたし、なにより小説(物語)をあまり読まなかった。
んー、読みたいと思うものがなかったということか…

そんな中でのベストワンは、イアン・マキューアンの
『未成年』The Children Act 。

色んな要素が入っている物語の中で
書かれていないストーリーに想いが馳せ、想像力の翼が広がる
こんな技もあるのだと、本当に感じ入りました。
a0121170_183628.jpg

次点はブルース・チャトウィンの『どうして僕はこんなところに』。
英国ジャーナリズムの清らかな部分を感じさせてくれる、そんな感じ。

次々点は、橋本治『お春』。
彼には、もっと時代小説を書いて欲しいなぁ〜、とおもう。
[PR]
by mintcarK | 2017-01-08 18:03 | | Comments(0)

where to go

いったい私はどこに行こうとしているのか。

もみがらの効能が気になったので
『現代農業』10月号購入。
a0121170_17334454.jpg

いやぁ、専門誌っておもしろい。

以前、仕事で月刊住職とか取り寄せ、その中の記事
「無縁仏の対処方」にしびれたことを思い出した。

地に足がついているんだね。
あと、すんごく現実的だったりもする。

知りたいことは分かったので、満足満足。
[PR]
by mintcarK | 2016-09-21 17:33 | | Comments(0)

写真集「かずさ」

わたしにとって2冊目の写真集「KAZUSA」が8月10日に刊行しました。

展示は10月10日(月)〜23日(日)13:00-19:00
新宿御苑駅そばの蒼穹舎で行います。

DMはこんな感じ。
a0121170_185239.jpg

春夏秋、巡る季節とともにある幼い頃からいまにいたるさまざまな記憶が一冊にまとまった。
そんな写真集になっています。

蒼穹舎で絶賛発売中。
ぜひお手にとってくださいませ。
[PR]
by mintcarK | 2016-08-26 18:05 | | Comments(0)

一気読み

夏はとにかくあまり機能しない性質なので
重いものはまったく読めない。

そんな状態でも昨日届いた「お家賃ですけど」能町みね子著は
一気読みしてしまった。

なんせロケーションが神楽坂。
独身&結婚を経て16年ほど住んだ町。
とてもとても身近だ。

彼女が閉店になって残念がった喫茶店で使っていたパイ皿は
いま我が家にあったり、名前を失念したカフェもどこかわかる。

不思議な読書体験。
a0121170_17542070.jpg

台風が過ぎてから、夕刻の空がとても印象的。

こちらは昨日の夕焼けだけど、今日も素敵な表情をみせている。
[PR]
by mintcarK | 2016-08-24 17:54 | | Comments(0)

しのぶれど…

橋本治著『百人一首がよくわかる』読了。

サクサク読んではもったいないので、毎晩寝る前に10首と決めて
10日間かけて読んだ。
a0121170_174259.jpg

百人一首といわれて、すぐに思い出すのは

しのぶれど 色に出でにけり わが恋は
ものや思ふと 人の問ふまで

作者は平兼盛、でも平家と関係のある人ではないと解説にあった。
この読み人の解説がすんごく面白い。

帯にあるとおり「和歌のオールタイムベスト100」なんだと思う。

この本の底本になった『桃尻語訳百人一首』を今夜から読む事にする。
買ったまま、本箱で眠っていた一冊。
[PR]
by mintcarK | 2016-05-07 17:50 | | Comments(0)

サンデータイムスつながり

ブルース・チャットウィンの「どうして僕はこんなところに」
What Am I Doing Here読了。

毎晩寝る前に、一話ずつ味わうように読んでいた。
元サンデータイムスの記者だったそうで、なるほどと腑に落ちる。

サンデータイムスは英国ブライトンにいた時の愛読誌。
平日のタイムスはガチガチに堅くて面白みがない新聞だけど
サンデータイムスは違っていた。

それも当たり前で、編集部が別と知ったのは帰国してから。
中でもサンデータイムスマガジンは、読みたい記事満載で
留学時代の私を支えてくれていた極上のエンターテイメントだった。

神楽坂に住み出した頃もブリティッシュカウンシルの図書館で借りて読んでいた。
あの頃はとにかく英語を側に置いておきたかったんだな。
a0121170_17304197.jpg

明日はブリティッシュカウンシルの元先生&クラスメイトとの飲み会がセットされている。
私の英語はもうサビサビで一抹の不安はあるものの
楽しい宴になればいいな、と思う。
[PR]
by mintcarK | 2016-04-17 17:30 | | Comments(0)

小説「土曜日」の効果

『未成年』の読後、これ読んでなかったな、と思い
イアン・マキューアンの『土曜日』を読み始める。

んー、すんごく饒舌なんだけど、イヤな感じはなくて
それでも区切りにくると、自然と眠くなる。

おかげさまで、寝付きがすこぶる良い
と、目覚めもいい
と、気分もいいもの。

なんだか最良の睡眠導入剤のような、本。
a0121170_180561.jpg

寝付きが良いと(大体11時前に眠くなる)朝6時台に起きる。
この時間帯に起きれるのが、ベストな感じ。

睡眠って大事、だな。
[PR]
by mintcarK | 2016-03-02 18:00 | | Comments(0)